鉄道模型の流儀

田んぼや畑に囲まれた風景を再現

のどかな風景

鉄道模型は実車を忠実に再現した車両を走行させるのが主な楽しみ方です。
線路を敷設して走行させるだけでも十分に楽しめますが、様々な風景を再現させたジオラマを作ることで、よりリアリティな走行を堪能することが出来ます。

ジオラマは自由に作ることが出来るので、好みの風景を再現することが可能です。

中でも田んぼや畑が多く残る農村の風景はノスタルジックな日本のイメージに合致することから、鉄道模型メーカーも様々なストラクチャーを販売しています。
鉄道模型は好きだがストラクチャーを自作する自信が無い人でも農村の風景を手軽に再現出来るのが大きなメリットです。

田んぼや畑をジオラマで再現する場合、鉄道模型メーカーが販売している製品を使うのが最も簡単な方法です。
野菜の品種や季節ごとの違いに分けて複数の製品が作られているので、予算に余裕があれば必要な物を組み合わせて農村の風景を完成させることが出来ます。

ジオラマは自分で作りたいと考えている人であれば、ボール紙や発泡スチロールの欠片などを使うのが効果的な方法になります。畑なら植えている野菜の形状、田んぼは季節ごとの稲の成長の度合いを忠実に再現出来るかがジオラマの出来を左右するので慎重な作業が不可欠です。写真を参考にして自作するのが良い方法ですが、素材の質感も出来の良し悪しに関係するので色々と試したうえで判断することが大切です。

樹木や建物のデザインにも気を配り、農村らしい風景を再現するのが出来の良いジオラマのコツです。

のどかな風景