鉄道模型の流儀

大人だから楽しめるプラレール

プラレールというと、幼児向けの玩具というイメージを持っている人が多いかもしれません。
しかし、プラレールは、鉄道好きな人にこそ楽しんでもらえる魅力が詰まったものです。

ジオラマ水の表現

プラレールは、全国の新幹線や有名な電車・列車などを模した多彩なラインナップで、新たに鉄道ができると、それをモデルにした新製品も販売されています。
新しい列車だけでなく、もう既に現役を引退した列車もプラレールとしては販売されているので、もう現実には走っていない列車を自宅で走らせて眺めることができるのは、とても嬉しいことです。

しかも、線路は自分で自由に作って組み合わせられます。立体化してみたり、複線にして別の列車と一緒に走らせてみたりと、大人だからこそじっくり考えて複雑なレイアウトを作れるのです。

凝ってみるならジオラマを作成すれば、さらに本格的です。自分の理想の風景を作ってみるのもよし、実際に好きな鉄道風景を再現してみるのも素敵です。それを誰にも邪魔されずにいつでも楽しめるのです。

大人なら、好きな列車だけでなく、細かな線路のパーツなども大人買いして揃えることができます。プラレールは玩具として販売されているので単価も低く、買いやすいです。

鉄道博物館にもプラレールコーナーがあり、気軽に触れることができます。また、プラレールを眺めながらお茶が飲めるカフェなどもあります。大人になってプラレールには触れていないという人も多いでしょう。

プラレールが幼児向けのおもちゃだという先入観を捨て、見る機会を作ってみてください。
きっと自分でやってみたいと思う気持ちになるかもしれません。